topimage

2017-10

羊の皮を被った・・・ - 2013.05.14 Tue

今日は

スペシャル中のスペシャルな逸品をご紹介させていただきます☆



実は、昨年夏~秋にかけて

数名の顧客様しか目にしていない幻のアイテムがありまして・・・

なにゆえそうだったかというと

ひとえにその価格とレザー素材の希少性でして

どなたにも、気軽におすすめできるものではなかったので

まずは興味ありそうな方へひっそりとご紹介させていただいてましたが

予想以上に好感触で、店頭に並べる前に初回生産分は完売してしまっていたので

ここでも全くご紹介できませんでした。。。


それから約半年・・・

かなり無理を言って前回とは異なる

Flavaのみのスペシャルカラーにてオーダーさせてもらい

特別に製作してもらったのがこちら~!!



LESAC (レザック)


カーフ トートバック ¥99,750


CAMEL
lesac-tote_camel_1.jpg


----------------------------------------------

表:ヨーロッパカーフ(牛革)

裏:ヨーロッパ産ピッグスキン(豚革/裏使い=スエード調)

生産国:日本製

-----------------------------------------------


最上級のヨーロッパ産のカーフレザーを日本国内選りすぐりの

エキゾチックレザー職人がひとつひとつハンドメイドで仕上げています。


雑誌「LEON」に掲載された100万円オーバーのクロコダイルのトートバック

一躍話題騒然となった特殊レザーを得意とする「LESAC社」への別注品となります。



内側のストラップでカタチを変えれるので

その時々のスタイルや気分でデザインをチョイスできます。


また、強力すぎないほど良い強さのマグネットで

入れ口を留めることができるので

出し入れもスムーズに、型崩れも防いでくれます。


そして、なによりも

内張りの最高級ピッグスキンの発色の良さと

表の上品でノーブルなベージュとのギャップが

まさに羊の皮を被ったオオカミのごとく

これ見よがしではないオトナの色気を秘めています。



lesac-tote_camel_2.jpg



同素材の取り外し可能なストラップ付きの小物入れは

何かと重宝するし、それだけでも十分に使いまわせるかと思います。


驚くくらいキメ細やかで手触りの良いピッグスエードが

内側の全面に張られているので持ち物のクッション的役割にもなってます。


このバックのいちばんの隠れた特徴が

芯地を一切使っていないので、最高級なレザーの質感を存分に味わっていただけます。


なので、底部分にもあえて鋲は使用していません。


サイズ感も、男が持ってサマになる絶妙な小さすぎず大きすぎずな感じで

ストラップもやや長めで肩にスッポリと入ります。



lesac-tote_camel_3.jpg



価格を見ていただいたら

おいこらこらっ!!ww


と思われるかもですが

確かにFlavaでも「TATRAS」のダウンジャケット並みの

高価格商品となります。



高けりゃいいってもんじゃ、もちろんないですが

こちらは逆に、この価格でこのハイクオリテイー!!という

ある意味お値打ち商品となります。



もちろん、ボクもいくら良いものとはいえ

この価格帯のバックはさすがに・・・。。。

かと思ってましたが、

試しに置いてみたところ

分かる方は分かるし

ニーズも意外とあったようで

初回生産分は、奇跡的にも即完売でした。



今回は、レザーのカラーと配色を完全別注した

世界でもFlavaだけのエクスクルーシブなアイテムなので

前回買って頂いた方は、2個目も自身を持っておすすめさせていただきます♪♪

はじめて手にする方にも、もちろん同様です!!



まあ、少しでも興味持っていただいた方は

ぜひぜひ店頭にて手にとって触れてみてください。


価格以上のクオリティーに心動かされると思いますので~★


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flava.blog10.fc2.com/tb.php/1173-28015822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とっておき第2弾!! «  | BLOG TOP |  » 「Seagreen」 オトナ コーデュロイショーツ

プロフィール

あき

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する